中日ドラゴンズを応援する家族

7歳と4歳の女の子の父です。中日ドラゴンズの話を中心にします。

オープン戦を振り返って 打者編

オープン戦を振り返って見ると、先日の東京中日スポーツには、高橋周平のオープン戦期間の打率が今までで、もっとも良かったと書かれていました。

 

さらには、アルモンテの終盤当たってきた調子は登っている。福田も自打球の影響も少なく、そのまま1軍で試合に出ていて、開幕に間に合わないそうだという状況です。

 

個人的に面白い数字なのは、オープン戦全試合に出場して17試合。期待打席は53打席。

 

この条件を満たしてる選手は、以下の4選手

アルモンテ 17試合 58打席 50打数

京田 17試合 73打席 65打数

高橋周平 17試合 62打席 57打数

福田 14試合 54打席 52打数

 

私の注目している数字はビシエドの成績。

ビシエド 14試合 45打席 35打数 三振0

四球8 死球1 犠打1

 

ちなみに、他の選手はこのくらいです。

アルモンテは50打数 14三振

モヤは23打数 13三振

平田 24打数 7三振  福田52打数 11三振

 

良くボールを見えているんだなと思っています。

 

4番福田の時代はまだまだ、先になりそうです。4月にビシエドに暴れてもらって、夏場に山井などベテランの活躍もあれば、優勝は厳しいかもしれないけど、クライマックスシリーズ進出を目指せると思います。

 

開幕からビシエドのバッティングに注目です。

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村