中日ドラゴンズを応援する家族

7歳と4歳の女の子の父です。中日ドラゴンズの話を中心にします。

昨日も勝利 混セをどう生き延びるか?

開幕当初はスタートダッシュを切っていた昨年6位のヤクルト。今は若干お疲れモードなのか、今日の段階で9勝11敗ラインに3球団。ドラゴンズ、ヤクルト、巨人。その0.5ゲーム差に阪神がいる。

 

要するにDeNAと広島以外は貯金がなく、負け越している。

 

単純に数字だけみると、ヤクルトの17というエラーは他球団に比べて突出している。エラーが失点に絡むケースが多いこと、また、笑い負け方をするとこからエラーの数は当たり前だが、少ない方がいい。ドラゴンズは幸い少ない。

 

得点とホームランの本数を見ると、阪神がかなり少ない傾向にあり、投手陣の頑張りでなんとか耐えている状態だ。

 

巨人の岡本の覚醒は、巨人にとっては言いながれは間違いない。夏場の体力が落ちていた時にベテラン勢が順調に調査をあげてくれば、クライマックスシリーズも見えてくるだろう。

 

そのなかで、ドラゴンズはというと…。

モヤさまのデビュー13打数9安打という驚異の打率.692のおかげでなんとか、広島戦の3連勝。オープン戦は全くダメだったので、何故これだけ当たってるのかが、非常に気になる。ビシエドが戻ってきた後にどうなるか?

 

ドラフト1位の鈴木博志投手は、躍動感のあるフォームに加え、なんとかであるが開幕から9戦連続の無失点を継続している。又吉、谷元の穴を想像以上に埋めている。

 

今日の東京中日スポーツには、ジー投手が自己申告であるが、血行障害の恐れがあるという記事が気になった。大事に至らないといいが…。

 

明日からの2連戦がそれぞれのチームの鍵になるのと思う。

 

現在、貯金組の広島、DeNAハマスタでの直接対決。

借金組の球団はドラゴンズ、巨人は長野→前橋での地方球場での対決。ヤクルト、阪神は松山の坊ちゃんスタジアム

 

特に勢いのある3連勝中同士の対決、巨人対中日。ここは譲れないところだ。

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村